Letter

実川物語2020年6月号【第2弾】

ついにスマホを導入!?

こんにちは。

実川蒼苑の実川知也です。

ついに父がスマホを購入しました。

写真は農家の方の様子みたいに見えるかもしれませんが、植木屋の父です。

スマホを購入して、毎日、四苦八苦しています。

「LINE」というメッセージを送れるアプリをダウンロードしたら、たくさんのお客様からメッセージをいただきました!

誠にありがとうございます!

 

さて、お客様から頂いたメッセージを見て、父はどうしたか? 

必死に電話で返信をしておりました。

「すみません、メッセージの返し方が分からなくて、、、」

まだまだ、スマホとの関係を縮めるには、時間がかかりそうなので、皆様、ご了承ください!

実川蒼苑が大切にしていること

実川蒼苑が大切にしてること、それは”お客さんとの対話”です。

とにかくお客さんと話す量が、他の建設業者さんと比べると圧倒的に多いです。

職人のイメージの多くは、頑固で話しにくいというイメージが多いです。

しかし、実川蒼苑は「爽やかな息子を中心」にとても話がしやすい空気

があります。(自分で爽やかさを称賛してしまいますが)

なぜ、対話を大切にするか?

 

それはお客さんと話をする中で、お客さんが生活の中で感じている、「不」と「喜」の部分を知ることができるからです。

この部分を知ることで、「庭」というものを通して「不」の部分を減らし、「喜」の要素を増やすことができます。

喜の要素が増えると、お客さんの生活の充実度が高まるんです。

実川蒼苑は「庭を通して人生を豊かにする」が理念です。

多くの方の人生を豊かにするために、今日も爽やかに、楽しく、お話していきます。